なくてもいいと思ってしまいがちだ

不動産取り引きを行う場合、仲介手数料というものを支払うことがあるはずです。なくていいと思ってしまいがちなものです。 仲介手数料とは、不動産を購入したり賃貸したりする場合に、業者に対して支払うお金のことを指しています。仲介手数料は成功報酬なので、契約が成立しなかった時は支払いません。しかし、契約をしても、支払わなくてもよい場合があります。業者の立場が売主である場合は、仲介手数料は発生しないのです。不動産業者が自ら所有している土地や建物を売却しますので、仲介手数料は発生しません。売主の代理であったり、売主と買主の間にたって仲介を行う場合のみ、仲介手数料が発生するのです。 この仲介手数料は上限が法律で定められています。そのため、不動産業者によっては仲介手数料を半額にしたり、無料にしたりすることも可能なのです。値引き交渉することも出来ます。なくていいと思ってしまいがちな仲介手数料なので、少しでも節約したい場合は、交渉してみるようにしましょう。